おすすめの社会保険労務士(社労士)通信講座を比較ランキング

社会保険労務士通信講座選びに悩む女性

現役の社会保険労務士が通信講座を比較します

社会保険労務士試験は例年の受験者が3万人を超える人気資格です。

そのため、多くの資格スクールが社労士受験の講座を用意していて、値段や内容も様々です。

そのような中で、特に初めて社会保険労務士を目指す方であれば、何を比較して講座を選ぶべきかを迷ってしまうことは必至です。

このサイトでは、そんなあなたに向けて、「社会保険労務士通信講座」について各講座の特色や講座選びに参考になる情報を発信していきます。

ちなみに、管理人のロームは現役の社会保険労務士でもあります。

自らの受験経験をふまえ、これならおすすめできると感じた通信講座を中心に、さまざま学習スタイルに合わせてナビゲートします。

その他にも管理人が実践してきてうまくいった勉強法や、開業する前に知っておきたい話など、みなさんの役に立つ情報満載でお送りします!

【動画】2023年おすすめの社会保険労務士通信講座

お時間の無い方は、おすすめの講座を動画にまとめましたのでこちらをご覧下さい!

社会保険労務士通信講座総合人気ランキングベスト5

当サイトからのお申し込みや資料請求が多い講座のランキングベスト5です。

あくまでも人気ランキングですから、実際に受講を申し込む前には、必ずテキストや講義動画をWEBサイトや資料請求で実際に自分の目で確認し、自分の学習スタイルや性格?に合った、納得できる通信講座を選んで下さい。

最終的にあなたにぴったりの通信講座を選ぶには、複数の通信講座のサンプル教材やサンプル講義をあなた自身の目で確認し、比較してみることが絶対に必要です。合格への戦いはすでにここから始まっています・・・!

なお、通信講座の内容や価格は変更される場合がありますので、公式サイトや資料請求で最新情報をご確認お願い致します。

1位 クレアール

【管理人からひとこと】

クレアールは1969年から続く老舗資格スクールのひとつで、資格スクール界では知る人ぞ知る名門校です。

社労士講座を担当するのは、社労士受験界で広く名の知れた北村省吾講師です。

短期合格にこだわった独自のカリキュラムは長年社労士受験指導に携わってきた北村講師ならではのノウハウが詰まっています。

価格も早割を中心とした割引制度を利用すれば、大手資格スクールと比べて相当リーズナブルに抑えられるのも魅力で、通信専門の格安スクールと大手資格学校の長所を兼ね備えたような講座です。

※クレアールの資料請求した方には先着で北村講師の「社労士試験最短最速非常識合格法」が無料でもらえます。この本を読むだけでも社労士受験の準備に大変役に立つはずです。

クレアール社会保険労務士通信講座概要
公式サイトクレアール

標準学習期間10カ月~
講義教材WEB・DVD(オプション)
テキスト教材
オリジナル教材
(白黒)
オプション単科講座あり
教育訓練給付制度対象講座あり
質問サポート体制メール・FAX
その他著名な北村省吾講師
プロデュース

【こんな方におすすめ】

クレアールの社会保険労務士通信講座は、質問サポート対応が回数無制限、クオリティの高い独自のWEB学習システムなどの充実した講座内容を考えると、価格も極めてリーズナブルです。

よって初学者から経験者までどんな方にもおすすめできるバランスの良い講座です。

全国展開している大手資格スクールのような安心感のある講座が、格安の通信講座専門のスクールに近い価格で受講できるというクレアールにしかない魅力で、当サイトでも一番人気の講座となっています。

リーズナブルに、かつレベルの高い講義で、真剣に短期合格を目指す方には自信を持っておすすめできる講座です。

なお、クレアールの公式サイトでは、おそらく日本一多くの数の社労士試験合格体験記を読むことができます。

合格者の勉強を沢山読んで、自分の学習スタイルに取り入れることは非常に効果的なので、是非チェックしてみて下さい。

→クレアールの社会保険労務士講座公式サイト

→当サイトによるレビューはこちら

2位 フォーサイト

フォーサイト2023


【管理人からひとこと】

フォーサイトの通信講座は、ハイビジョン撮影の講義やフルカラーの独自テキストなど充実の講座内容にもかかわらず、基本のコースである基礎講座+過去問講座で10万円以下とお手頃価格です。

教材内容のクオリティを考えると、コストパフォーマンス抜群の講座と言えます。

フォーサイト社会保険労務士通信講座概要
公式サイトフォーサイト
テキスト教材オリジナル教材
(フルカラー)
講義教材WEB
標準学習期間8ヶ月
教育訓練給付制度対象講座あり
質問サポート体制メール
オプション単科講座なし
その他eラーニング
「ManaBun(マナブン)」

【こんな方におすすめ】

比較的薄めの的を絞ったフルカラーテキストは初学者でも理解がし易く、初めて社労士受験にチャレンジする方でなるべくお手頃価格で講義教材のついた講座をお探しの方に特に最適です。

もちろんお手頃価格とはいえ、最大手クラスの資格スクールにもひけを取らないクオリティですから、どんな方にも自信をもっておすすめできるバランスの取れた通信講座です。

→フォーサイトの社会保険労務士通信講座公式サイト

→当サイトによるレビューはこちら

3位 STUDYing(スタディング)

スタディング社会保険労務士通信講座

【管理人からひとこと】

社会保険労務士を目指す方の多くが、忙しい仕事の合間をやりくりして勉強時間を捻出しているのが現実です。

STUDYing(スタディング)は、そのような学習時間の確保に苦労されている方向けに、通勤時間などのスキマ時間を徹底的に有効活用することにフォーカスした通信講座です。

スマホやタブレットなどのデジタルデバイスでの学習に特化することで、低価格を実現し若い世代を中心に人気です。

STUDYing(スタディング)社会保険労務士通信講座公式概要
公式サイトSTUDYing(スタディング)
テキスト教材オリジナル教材のWEBテキスト
(フルカラー・PDFデータ)
講義教材WEB
標準学習期間
10ヶ月
質問サポート体制なし(※別売りオプション)
教育訓練給付制度対象講座なし
オプション単科講座なし
その他合格お祝い金制度あり(1万円)

【こんな方におすすめ】

STUDYing(スタディング)の学習環境は全てオンライン上で完結します。
テキストもPDFデータでの提供となりますので、紙のテキストにこだわりのある方は要注意です。
また、低価格を追求した講座であるため、質問サポートなどもついていません。

したがって、主にタブレットなどで勉強することに抵抗が無く、教材さえあれば良いという方にお勧めの講座です。

価格自体は社会保険労務士の通信講座としては圧倒的に最安値なので、コストパフォーマンスを求める方には最適な講座です。

→STUDYing(スタディング)の社会保険労務士講座公式サイト

→当サイトによるレビューはこちら

4位 アガルートアカデミー

アガルートアカデミー社会保険労務士通信講座

【管理人からひとこと】
アガルートアカデミーは、2015年にスタートしたオンライン講義の配信を中心とした資格スクールです。

オンライン中心の通信講座の中でも後発組ですが、それだけに先行の講座を研究し、講義の受講環境の使いやすさや、テキストの見やすさなどにはこだわりが見られます。

アガルートアカデミー社会保険労務士通信講座概要
公式サイトアガルートアカデミー
テキスト教材オリジナルテキスト(フルカラー)
講義教材WEB
標準学習期間10カ月
教育訓練給付制度対象講座なし
質問サポート体制受講生限定のFACEBOOKグループで対応(回数無制限)
オプション単科講座あり
その他講師による定期カウンセリング(月1回)

【こんな方におすすめ】

アガルートアカデミーはオンライン専門の通信講座の中では、質問対応が充実していたり、講師によるカウンセリングが受けられたりといったサポートが充実した講座です。

オンラインの講座といっても、限りなく教材のみの提供に近い格安の通信講座では少し心細い、といった方にはオススメできます。

オンライン講座には珍しく、製本されたテキストがついてくるところが個人的におすすめです。

→アガルートアカデミーの社会保険労務士通信講座公式サイト

→当サイトによるレビューはこちら

5位 資格の大原

社会保険労務士通信講座

【管理人からひとこと】

資格の大原の社労士講座の教材は、大手ならではの高い分析力に裏付けされた、高い本試験的中率を誇ります。

また、特に受講生サポート制度は充実していて、実際の教室講義が聴講できたり、回数無制限で資格の大原の自習室の利用まで可能です。
全国に多くの教室を持つ、最大手のひとつの資格の大原ならではのメリットですね。

資格の大原社会保険労務士通信講座概要
公式サイト資格の大原
テキスト教材オリジナル
(2色・白黒)
講義教材WEB・DVD
標準学習期間6カ月~
質問サポート体制メール・電話・来校
教育訓練給付制度対象講座あり
オプション単科講座あり
その他自習室利用が無制限

【こんな方におすすめ】

実績の豊富な大手の資格スクールで安心して学習を進めたい方におすすめです。
また、「通学講座も検討したが、通学時間の確保が難しく通信講座の受講に切り替えた。」という方には特におすすめ」です。

自宅や移動時間中の勉強がメインであれ、時には教室講義の聴講や、自習室の利用で仲間と一緒に勉強する時間を作ることは、長い受験生活のモチベーション維持に役に立つのではないでしょうか。

→資格の大原の社労士の通信講座公式サイト

→当サイトによるレビューはこちら

社会保険労務士通信講座ランキング6位~11位

6位 TAC
  • オンラインWeb対応が比較的充実した国内大手校
7位 LEC
  • 法律系資格に特に強い国内大手校
8位 ユーキャン
  • 昔ながらの「通信教育」といった内容で動画講義はなし
9位 ヒューマンアカデミー「たのまな」
  • クレアールと提携した講座だが割高感あり
10位 ネバギバ
  • パソコン教室で有名なアビバが運営する講座
11位 山川予備校
  • 月額制のカジュアルな通信講座

なお、ランキング6位以降を含めた全通信講座の概要は以下の記事にてご紹介しています。

【2023年】【全11社】社会保険労務士通信講座人気ランキング
ここでは、当サイトからのお申し込みや資料請求が多い講座をランキング形式でご紹介します。 あくまでも人気ランキングであり、各講...

社会保険労務士通信講座の費用・料金

社会保険労務士通信講座の価格を比較する女子

各講座の費用・料金は以下の記事にまとめました。

なお通信講座や予備校の料金は申込時期によって変わるため、最新の情報は公式サイトにてご確認お願い致します。

【2023年度向け】【全11社】社会保険労務士通信講座の価格・費用や受講料を比較!
この記事では、2023年度試験向け社会保険労務士通信講座を費用や受講料を一覧比較します。 各資格スクールの基本となるコースや...

【動画】資格試験オンラインWeb通信講座比較4つのポイント

資格試験の通信講座を比較する際には、共通して見るべきポイントがあります。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

社会保険労務士通信講座における比較ポイント

社会保険労務士の通信講座のホームページを見ても、どこも似たようなことばかり書いてあって、見れば見るほど迷ってしまいます。

結果的に、ネームバリューや値段などのポイントのみで決めてしまいがちかもしれません。

しかしながら、多くの通信講座の中から自分に合ったものを選ぶためには、特によく確認するべきポイントがあります。

教材(テキスト・動画講義)の比較

通信講座におけるメイン教材は「テキスト」「動画講義」です。

この時に大切なのが、テキスト単品、動画講義単品で教材のレベルを判断しないことです。

その理由は、テキストと講義の相乗効果で理解を進めていくという通信講座の性質上、実際にテキストを参照しながら動画講義を視聴してこそ本当の教材のレベルがわかるからです。

多くの通信講座では、サンプルテキストやサンプル講義を提供していますので、できるだけ実際に学習するときと同じ状況で教材との相性をジャッジしましょう。

独学と比較して圧倒的に効率的な学習ができる肝はまさにここにありますので、手を抜かずに自分の目と手を使ってチェックしてください。

オンラインWeb通信講座の比較

現在の通信講座はネットを使ったオンラインWeb通信講座が主体となります。

しかし、この部分は各講座によって充実度がかなり異なります。

単に動画講義を配信するだけに近い講座もあれば、アプリ等を駆使してeラーニングの講座を最大限に活かそうとしている講座もあります。

eラーニングに苦手意識がある方でも、いい機会と思って積極的にトライする姿勢が大事だと考えます。

サポート体制の比較

サポート体制には質問への対応、自習室の有無、教室講義オプションなどが含まれます。

当然、通信講座専門のスクールには自習室等や教室聴講制度などのサポートはありませんが、その分価格も安いです。

また、質問への対応については回数制限や質問の方法などで通信講座ごとに結構違いがあります。

本当に必要なものはなにかを見極め、取捨選択を行うべき部分と言えます。

費用・料金の比較

最初の3つのポイントを踏まえたうえで、最後は価格が妥当かどうかです。

同じ通信講座といっても、10万円を大きく切るものから、20万円オーバーのものまでかなりの価格差があります。

高価格帯のスクールは、広告をたくさん出していたり、校舎施設の維持費も転嫁されてしまいますので、割高に感じるのも確かです。

ある面では、安心料にいくらお金を払うのかが一番の課題だったりします。

もちろん、自習室を使いたい、たまには教室講義も聴きたいなどの場合は高価格帯一択となるでしょう。

社会保険労務士通信講座を比較する際のポイントまとめ

以上、通信講座を比較する際に確認すべきポイントを見てきました。

どうしても価格に目がいくかと思いますが、資格試験は合格してなんぼです。

その意味では当然、教材との相性が一番大事なのはいうまでもありません。

しつこいようですが、自分の目と手を使って確認したときに「これならいけそう!」という感覚を持てるかどうかが肝ですから、その点のチェックはお忘れなく!

社会保険労務士の人気通信講座を比較する

社会保険労務士通信講座を比較する女性

ここからは、当サイトで人気の社労士通信講座である、クレアール・フォーサイト・STUDYing(スタディング)アガルートアカデミー・資格の大原を例として、通信講座選びに大切なポイントごとに比較をしていきたいと思います。

この5つの通信講座は、

クレアール格安オンライン通信講座と大手資格スクールの中間的価格帯の通信講座
フォーサイト元祖格安のオンライン専門通信講座
STUDYing(スタディング)デジタルデバイスによる学習に特化した通信講座
アガルートアカデミー新進のオンライン専門通信講座
資格の大原全国展開する大手資格予備校

というように、異なった特徴を持つ通信講座であり、講座選びに際して基準となるような比較ができる良いサンプルでもあります。

教材(テキスト・動画講義)の比較

講座名テキスト動画講義教材
クレアール
一発ストレート合格
パーフェクトコース
オリジナル教材
(白黒)
WEB・DVD(オプション)
講義時間 約103時間
フォーサイト
バリューセット2
オリジナル教材
(フルカラー)
WEB
講義時間 約93時間
STUDYing(スタディング)
合格コース
オリジナル教材
(PDFのみ提供・フルカラー)
WEB
講義時間 不明
アガルートアカデミー
入門総合カリキュラム
オリジナル教材
(フルカラー)
WEB
講義時間 約120時間
資格の大原
社労士合格コース
オリジナル教材
(2色・白黒)
WEB・DVD(オプション)
講義時間 約168時間

テキストの比較

テキストはクレアールが白黒、資格の大原が2色刷りなのに対して、フォーサイトとアガルートアカデミーはフルカラーを採用しています。

スタディングもフルカラーですが、紙のテキストは存在せず、タブレット等で閲覧する方式です。

テキストは、その内容も大切ですが、テキストそのものの大きさや文字のフォントなどもしっくりくるかが結構重要なので、資料請求や公式サイトでテキストサンプルを確認しておきましょう。

動画講義の比較

動画講義に関しては各講座ともに、通信講座専用に作成された高品質の動画を配信しているので、実際にサンプルをチェックして講師との相性で決めるのが良いでしょう。

DVDについては、クレアールと資格の大原はオプション、フォーサイトは一部のコースのみオプション可能、アガルートアカデミーとスタディングにはオプションでもDVDはつけられません。

また、資格の大原は講義時間数は多いのですが、他の講座と異なり通信講座専用の録画講義ではなく教室講義の録画となっています。

動画講義では、講師との相性はかなり重要です。

中小企業診断士の通信講座では一般的に100時間程度の講義を受講することになるので、聴きやすいと感じるかどうかで勉強の効率はかなり変わります。

オンラインWeb通信講座の比較

講座名eラーニングの内容
クレアール・講義視聴
・テキスト閲覧(PDF)
・WEBテスト
フォーサイトManaBun(マナブン)
・講義視聴
・テキスト閲覧(PDF)
・WEBテスト
・スケジュール管理
・質問メール
・アプリあり
STUDYing(スタディング)・講義視聴
・テキスト閲覧(PDF)
・問題集
・スケジュール管理
・暗記ツール
・横断学習機能
・模擬試験
アガルートアカデミー
・講義視聴
資格の大原
・講義視聴

各通信講座ともWEBでの動画講義視聴は可能です。

また、ネットを活用した学習システムを用意している講座はクレアール・フォーサイト・スタディングの3講座です。

クレアールは講義視聴プラスWEBテストというオーソドックスなeラーニングシステムの提供です。

フォーサイトでは、WEBテストに加えテキスト閲覧、単語帳、スケジュール管理などをオールインワンのシステムで提供しています。

アプリでも使えるのでスマホ学習もばっちりです。

スタディングについては、そもそもオンライン上のeラーニングのみで学習が完結できるように設計されているため、インプット学習からアウトプットまで、全ての学習をひとつのシステム上で学習を進めることができます。

通信講座が社会保険労務士試験チャレンジの王道とも言える状況となったのは、なんといってもWEB学習システムの充実によるところが大きいでしょう。

したがってeラーニングシステムの内容はかなりの重要比較項目です。

【参考動画】通信講座のオンラインWeb学習対応度を比較

質問サポートの比較

講座名質問サポート
クレアールメール・FAX
(回数無制限)
フォーサイトメール
(回数制限あり)
STUDYing(スタディング)質問サポートなし
アガルートアカデミー
受講生限定のFACEBOOKグループで対応
(回数無制限)
資格の大原
メール・電話・来校
(メールのみ回数制限有り)

独学と通信講座を分けるもののひとつが、質問サポートです。

クレアールとアガルートアカデミーはは質問可能回数が無制限で、フォーサイトと資格の大原は回数制限がありです。

なお、スタディングでは質問サポート自体を行っていないので、価格が価格だけにこの点は割り切りが必要です。

学習の過程でどうしても自分でだけでは理解できなかったり、調べ切れなかったりすることを講師に質問できるのは安心感がありますし、学習の時短にもつながります。

費用・料金の比較

社会保険労務士通信講座の価格で悩む女性

さまざまな通信講座の内容を踏まえ、最後に確認すべきが価格が妥当なものかどうかです。

まずは、主要な通信講座の一般価格帯を下図でご確認下さい。

主要な社会保険労務士通信講座の価格帯チャート

社会保険労務士通信講座の会社規模と価格帯

また、主要な通信講座の代表的なコースの価格は以下のようになります。

ちなみに一般価格というのは、いわば定価のことです。

主要な社会保険労務士通信講座の代表的講座の一般価格

代表的な講座一般価格
クレアール
一発ストレート合格パーフェクトコース
192,000円
フォーサイト
バリューセット2
110,800円
STUDYing(スタディング)
スタンダード
59,800円
アガルートアカデミー
入門総合カリキュラムライト
136,620円
資格の大原
社労士合格コース
195,000円
TAC
総合本科生
220,000円
LEC
しっかり基礎+合格コース
245,000円

そして各通信講座とも、「早割」や「再受講割引」を始めとして、いろいろな割引制度があるので、自分が適用を受けられる割引制度を確認したうえで、まずは現在の価格を確認します。

通信講座の場合、一般価格と呼ばれる定価で購入することはほとんどありません。

どうしても試験時期と販売時期の関係で価格が変動するので、いわば「時価」のようなところがあり中々分かりづらいのが困りものです。

管理人の考えでは、多少の価格差よりもなるべく早く勉強をスタートさせることを優先して「思い立ったが吉日」で割り切ることも必要だと思っています。

通信講座の費用・料金が時期によって変わる理由

試験が年に1回であることが多い国家資格の場合、来年以降用の講座の販売は今年の試験日の少し前であることが多いです。

今年の試験日が過ぎると来年の試験までの残り時間の減少と伴に需要(=売上)が減り始め、価格もそれに応じて下がっていきます。

当然ながら試験勉強に必要な時間が確保できなくなる試験の数カ月前になると、需要はゼロとなり販売終了となります。

このようなサイクルがあるため通信講座の価格は時期によって変わるというわけです。

本当の費用を知るためにさらに確認すべきこと

ただし、最終的にかかる「本当の費用」を知るにはこれら割引後の価格を比較するだけでは足りません。

最終費用を確認するには、以下のポイントを確認することも欠かせません。

  • 延長受講制度
  • 合格お祝い金
  • 教育訓練給付

重要比較ポイント「延長受講制度」

年に一度しかない社会保険労務士試験では、一発合格するか複数年受験になるかで最終的なコストは大きく変わります。

このときに大事なのが、延長受講制度です。

もちろん一発で受かるのベストですが、やはり延長受講制度の有無で、金銭面の安心感がかなり変わってきます。

クレアールには「セーフティコース」という仮に不合格だった場合に、翌年度も継続して受講が可能なコースもあります。

ちなみに初年度で無事合格すれば、未受講分の受講料は全額返金されるので無駄な費用が発生することもありません。

また、このコースの受講者の初年度の社会保険労務士受験料をクレアールが負担してくれるというオマケもあります。

スタディングにはこのような制度はありませんが、例年「更新版」という形で、最新の内容の講座を割安な価格で提供しています。

フォーサイト、アガルートアカデミー、資格の大原では延長受講制度のようなものはありません。

合格お祝い金や返金制度も比較しよう

通信講座の中には合格後に合格体験記等の提出をすることで、お祝い金を支給してくれる講座もあります。

また、コースや条件によっては全額返金制度がある場合もあります。

講座名合格お祝い金等
クレアール【対象講座】
セーフティコース
【金額】
最大2万円
【条件】
合格体験記などの執筆
(写真、氏名の掲載あり)
フォーサイト【対象講座】
直前対策講座以外
【金額】
Amazonギフトコード最大2000円分
【条件】
アンケートの提出や合格体験記の執筆
【その他】
バリューセット3のみ不合格の場合に全額返金保証
STUDYing(スタディング)【対象講座】
ベーシック・スタンダード・フル
(更新版も含む)
【金額】
1万円
【条件】
アンケート及び合格体験談
(WEBサイト等で公表する場合あり)
アガルートアカデミー
【対象講座】
入門総合カリキュラムフル・ライト
演習総合カリキュラムフル・ライト
中上級カリキュラムフル・ライト
(※全て定期カウンセリングを含むもの)
【金額】
3万円もしくは全額返金
【条件】
3万円:合否通知書データの提出・合格体験記の提出
全額返金:3万円の条件に加え合格者インタビューへの出演
資格の大原
なし

使える人は使いましょう、教育訓練給付金

最後に、使える方は限られますが、雇用保険の教育訓練給付金も受講費用を抑えるための大きな味方です。

教育訓練給付金とは、受講開始日(教材発送日)に、雇用保険の一般被保険者であった期間が、通算3年以上(ただし、初回の利用に限り1年以上)ある方が対象となり、最大で実際に支払った学費の20%(ただし、10万円が限度)が支給される制度です。

また、この教育訓練給付金はどんな講座でも適用できるわけではなく、あらかじめ厚生労働省の指定を受ける必要があり、指定を受けていること自体が講座のレベルを一定程度保証してくれいるという側面もあります。

なお、クレアール、フォーサイト、資格の大原には教育訓練給付金が使えるコースが用意されていますが、アガルートアカデミーとスタディングは対象外です

まとめ

ここまで、通信講座選びの3大要素ともいえる「教材(テキスト・動画講義)」「Web通信講座」「質問サポート」に加えそれぞれの講座の価格帯や費用についても見てきました。

当サイトはここで紹介した講座以外にもさまざまな通信講座をご紹介しています。

自分に必要な教材やサポートをしっかりと見極めて、通信講座選びの参考にしてみて下さい。

社会保険労務士試験とは

社会保険労務士試験の概要

試験概要

試験は全てマークシート方式で行われます。

大きく分けて「労働保険」「社会保険」の2つの分野より出題があり、選択式(文章中の5つの空欄の正解を、選択肢の中から選んで埋める方式)と択一式(5つの選択肢の中から正解を選ぶ)の2方式で問われます。

選択式、択一式それぞれの総得点に合格基準点(最低必要得点)があるほか、科目別にも合格基準点があり、両方満たすことで合格となります。

科目別の最低点を満たす必要のある、いわゆる「足切り」のある試験制度であるため、全科目満遍なく得点することが求められます。

受験資格

  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学、短期大学若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者(専攻の学部学科は問わない)
  • 上記の大学(短期大学を除く)において学土の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者
  • 上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者(卒業認定単位以外の単位を除く)
  • 労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 行政書士となる資格を有する者 等

試験科目と出題数

選択式と択一式の2方式があります。

選択式 (8問・40点満点 試験時間80分)

科目問題数配点
労働基準法及び労働安全衛生法1問5点
労働者災害補償保険法1問5点
労務管理その他の労働に関する一般常識1問5点
社会保険に関する一般常識1問5点
健康保険法1問5点
厚生年金保険法1問5点
国民年金法1問5点
合計8問40点

択一式(70問・70点満点 試験時間210分)

科目問題数配点
労働基準法および労働安全衛生法10問10点
労働者災害補償保険法および徴収法10問10点
雇用保険法および徴収法10問10点
労働一般および社会一般10問10点
健康保険法10問10点
厚生年金保険法10問10点
国民年金法10問10点
70問70点

合格基準

選択式試験及び択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定める。
各成績のいずれかが合格基準点に達しない場合は不合格となる
(合格基準点は、合格発表日に公表されます。)

【令和4年度の合格基準】

  1. 選択式試験は、総得点27点以上かつ各科目3点以上である者
  2. 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者
    ※上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから、昨年度試験の合格基準を補正したものである。

試験日程

受験申し込み期間 例年4月中旬~5月末
試験日 例年8月の第4日曜日
合格発表 例年11月上旬
受験料 15,000円

社会保険労務士試験の難易度・合格率・勉強時間

社会保険労務士試験は例年合格率が4~8%程度の難関資格です。

合格までに必要な勉強時間は約1000時間と言われますが、このあたりは個人差がかなり大きいです。

一般的には1年程度の勉強期間を取って1~3年程度で合格する方が多くなっています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

社会保険労務士の難易度~合格率・受験資格・試験内容
過去10年の社会保険労務士の合格率 直近10年間の社会保険労務士の受験者数と合格率の推移は以下の通りです。 社...
社会保険労務士と他の国家資格の勉強時間を比較する!
社会保険労務士試験に合格するために必要な学習の時間は、約1000時間と言われています。 それでは、この学習時間は、ほかの法律...

社会保険労務士試験で独学は可能か

結論から言えば社会保険労務士試験に独学(※ここでは通信講座などを使わずに市販のテキストなどのみで勉強すること)は可能です。

しかし、間違いなく通信講座を利用した場合に比べて合格までの道のり=時間は長くなります。

この点については以下の記事にまとめたのでご覧ください。

社労士受験で独学は本当に安くつく!?
社会保険労務士試験を独学で受験するのにかかる費用 社会保険労務士試験を独学で受験する場合の最大のメリットは 「通学講座...

社会保険労務士試験における独学と通信講座の比較

社労士受験の最大の課題は「勉強時間の確保」です。しかし、特に働きながら合格を目指す場合にはまとまった時間を取ることは難しい方も多いはずです。

その限られた時間を最大限に有効活用し、最短距離での合格へと導いてくれるのが、「通信講座」です。

独学と比較した通信講座のメリットは以下のようなものです。

教材 通信講座 テキストと動画講義がリンクしており、インプット学習の効率が高い
独学 ・万人向けに網羅的な分厚いテキストになりがち
・動画講義がないのでインプット学習の効率が悪い
学習環境 通信講座 ・各通信講座ともインターネットでのEラーニングや講義配信に力を入れており、いつでもどこでも本格的な学習が可能
・質問サポートを行っている講座であれば、学習中の疑問点もすぐ解消できる
独学 ・学習中に分からない点があっても、自力で調べる必要があり、時間効率が悪い上に正確性にも不安が残る
費用 通信講座 10万円以下~20万円以上までさまざま。自分に学習スタイルに合わせて選択可能
独学 約3万円~4万円

今や、インターネット環境の充実や、スマホの普及で格安のオンライン専門通信講座が複数存在します。

独学は表面的な価格こそかかりませんが、わずか数万円程度の差額を惜しんで非効率な独学を選ぶ理由があるとは思えません。

社会保険労務士試験の勉強法

社会保険労務士試験勉強中の女性

社会保険労務士試験に短期合格するには、やみくもに勉強をするよりもしっかりと合格までのロードマップを具体化して、効率的に勉強をしていく必要があります。

サイト内の記事では、社会保険労務士試験に約8カ月ほどの勉強期間で一発合格することができた管理人がさまざまなポイントから勉強法のコツをまとめています。

社会保険労務士試験合格への戦略と思考法

いきなり試験勉強を始めるよりも、社会保険労務士試験の内容をよく知り、ある程度具体的な学習スケジュールを決めてから勉強を始めることが結局は効率的な勉強法につながります。

社労士試験の勉強はいつ始めるべきか
一般的には本試験の1年から半年前 社労士試験を受験することを決めたら、いつから勉強をスタートするべきでしょうか。 一般...
社労士試験の学習スケジュール戦略
本格的な学習に入る前に 社労士試験に挑むにあたって、いつから勉強をスタートするかさまざまですが、多くの通信講座では8カ月~1...
社労士試験に短期合格するために必要な思考法
社労士試験は競争試験であることを理解する 社会保険労務士試験の合格基準は毎年変動します。 100点満点中60点以上であ...
最もコストパフォーマンスの良い社会保険労務士試験勉強法とは!?
社労士試験における「コスト」とは 社労士試験のような難関試験では、ある程度のコストがかかることは避けられません。 そし...

社会保険労務士試験の具体的な勉強法

資格試験には共通して知っておくべき勉強法の王道がいろいろあります。

複数の国家資格に合格した管理人の経験からまとめてみました。

社労士試験のテキストは汚してなんぼ!
社労士試験の合格者のテキストは例外なく汚い 社労士試験において、「テキスト」は知識をインプットするための土台となるものです。...
社会保険労務士試験における過去問の重要性
過去問がなぜ重要か 資格試験を勉強するにあたって、過去問へどう取り組むかは極めて重要な問題です。 なぜならば、資格試験...
社労士試験の問題集の使い方にはコツがある!
教材ごとに役割を再考する 社会社会保険労務士試験の学習するをするにあたって、独学・通信・通学などの学習スタイルを問わず、教材...
社会保険労務士の勉強法「暗記編」
社会保険労務士試験の特徴 社会保険労務士の試験は「理解力ではなく記憶力の試験」であるということがよく言われます。 それ...

社会保険労務士試験勉強のちょっとしたコツ

勉強に行き詰まった時に知っておくと便利なちょっとした知識をまとめました。

社労士試験のテキストが頭に入らないときは
テキスト読みは社労士試験の一番の苦行? 社労士試験の勉強の中で、一番ストレスがかかるのは「テキスト読み」かもしれません。 ...
社労士の試験勉強でどうしてもやる気がでない時の対処法
やる気が出ないのはあたり前 社労士の試験勉強をしていれば、誰であれやる気が出ない状態は経験します。 もしも、やる気の出...
社会保険労務士の勉強法「モチベーション編」
誰もが悩むモチベーション 社会保険労務士試験の勉強を続けていく上で、 「モチベーションの維持」 は誰にとっても、...
資格試験において合格体験記を読むべき理由
合格体験記は宝の山!? 社労士通信講座のホームページや資料請求で送られてくるパンフレットの中に必ずと言っていいほどあるコンテ...
社会保険労務士試験ではスマホの活用が合格の鍵!?
スマートフォンの活用で大きく変化する学習スタイル 社会保険労務士試験の学習の中で、避けては通れないのが「暗記」です。 ...

社会保険労務士試験合格後のはなし

社会保険労務士試験に合格した女性

社会保険労務士試験に合格した後にもやるべきことはたくさんあります。

管理人の経験を元に合格後から実際に開業するまでの話をまとめました。

社会保険労務士試験に合格した後のこと
晴れて合格したら 社会保険労務士試験の合格発表は11月上旬です。 8月の試験から2カ月以上悶々とした日々を過ごし(なに...
社労士試験受験後の合格発表までの有効活用法
2カ月というのは意外と長い 8月の社労士試験が終わった後、11月の合格発表までの2カ月間はどの受験生にとっても先の見えない不...
社会保険労務士の開業準備【ホームページ・WEB集客編】
社会保険労務士の開業前にやっておくべきこと 社会保険労務士で独立開業を目指している方が、開業前にやっておくべきことは多くあり...

40代の社会保険労務士資格の活かし方
最も多い40代の合格者 社会保険労務士の合格者の中で最も多い年代は40代です。 このことから新規で独立開業する方の多く...

社会保険労務士とは

会社の「ヒト・モノ・カネ」の中の「ヒト」に関わる国家資格

社会保険労務士とは、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家。

法律で許された独占業務として、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行うことができます。

また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う事を職業とする為の資格です。

会社内で活かすことも独立開業も目指すこともできる国家資格です。

社会保険労務士の定義

法律上の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」となっています。

試験に合格するだけでは社会保険労務士の仕事はできません

したがって、試験に合格するだけでなく

・全国社会保険労務士会連合会へ登録すること
・2年以上の実務経験のあること

が実際に社会保険労務士として仕事を行うための条件となります。

なお、「2年以上の実務経験」については全国社会保険労務士会連合会が毎年行う事務指定講習(通信指導過程4日間・面接指導過程4日間)の受講によっても代えられます。

ちなみに面接指導過程といっても実際には講師の先生の話を大人数で聞く形式になっています。

また、社会保険労務士のキャリアプランやその魅力については以下の記事もご覧ください。

社会保険労務士としてのキャリアプラン
社会保険労務士の資格を取った後のこと 社会保険労務士に合格した後、その資格を活かしてどのように収入を得ていく方法はさまざまで...
働く社会人視点で見る社会保険労務士の魅力
法律系資格の中では比較的取りやすい資格です 他の税理士や司法書士といった法律系資格と比較すると、社会保険労務士の資格は比較的...