TACの社会保険労務士通信講座

TACの社会保険労務士通信講座の特徴

TACの社会保険労務士通信講座

【管理人からひとこと】

教材作成専門の社労士集団が作成したオリジナルテキストや、初学者・学習経験者を問わない豊富なコース設定はさすが最大手のひとつだけある万全の内容です。

総合コースを受講した場合の価格は他の通信講座よりは高めですが、講座のクオリティを考えると納得です。

また、オプション講座も多くあるため、独学派の方がスポット的に苦手部分の講座を受講することができるのも魅力です。

公式サイトテキスト教材講義教材標準学習期間
TACオリジナル教材
(2色刷り)
DVD・WEB・
音声DL
10カ月~
質問サポート体制教育訓練給付制度対象講座オプション単科講座その他
Eメール・電話・
質問カード・WEB
ありあり学習支援WEB
「i-support」

【こんな方におすすめ】

とにかく学習スタイルを問わずどんな方にも対応できる通信講座です。当然、教材のクオリティの高さも折り紙つきです。

「大手は価格がネック」と思っている方でもさまざまな割引制度がありますので、思いの他の通信講座と差がなくなる場合もあります。

大手の中でも特に、一度は検討したい通信講座といえると思います。

→TACの社会保険労務士通信講座公式サイト

TACの社会保険労務士通信講座詳細レビュー

教材作成専門スタッフによるオリジナルの教材

TACの社労士通信講座テキスト

TACは資格取得を考えたことのある方でなくとも、誰もが一度は聞いたことがある最大手のひとつです。

豊富な指導実績とともに多くの合格者を毎年輩出ており、安心して受講することができるはずです。

そんなTACの社会保険労務士通信講座で使用されるテキストは、教材作成専門の社労士集団が、情報収集と試験傾向の分析を重ねて作った専用教材です。

→TACの社会保険労務士通信講座公式サイト

社会保険労務士試験の泣きどころの「法改正」にもぎりぎりまで、テキストに反映されており、非常にレベルの高いものになっています。

沢山のスタッフをかかえ、長年の歴史があるTACならではの魅力です。

さまざまなコース設定とオプション講座

初めて社会保険労務士を受験するのか、受験経験者なのか、また、学習開始時期によっても異なるコースが用意されています。

また、うれしいのが

  • 横断セミナー
  • 一般常識セミナー
  • 選択式セミナー
  • 年金補講セミナー

など、多くの受験生が苦手とする分野や、手薄になりがちが分野のオプション講座も多数用意されており、独学派の方が苦手部分のオプション講座のみ受講することも。

大手ならではの豊富なコース設定とオプション講座は他の受験予備校から頭ひとつ抜けている印象です。

通信スタイルにもいろいろな選択肢

TACの社労士通信講座講義動画

通信講座の内容も

  • Webのみ
  • 音声のダウンロードのみ
  • web+ 音声のダウンロード
  • DVD
  • 資料のみ

といろいろな選択肢が用意されていて、もちろんWebの講座動画パソコン・タブレット・スマホで何度でも視聴できます。

ちなみに「資料のみ」の場合、講座はついてきませんので管理人的にはあまりおすすめできませんね・・・。

最大手ならでは受講生フォロー体制

電話や質問カードによる質問対応や最新の試験情報の提供は言うまでもなく、TACの社会保険労務士通信講座では「i-support 」と呼ばれる専用のWEBサイト上で

  • 質問メール機能
  • i-コミュニティ(掲示板)
  • よくある質問データベース
  • お知らせ機能

などが提供されており、講師や受講生と双方のコミュニケーションを取りながら学習をすすめることができます。

全国最大級の受験者を誇る模擬試験

本試験前に必ず受けておきたいのが模擬試験。

その際にポイントとなるのが受験者数です。なぜならば模擬試験の最大の目的はその時点での自分の実力が、受験者の中でどのくらいに位置するのかを確認することだからです。

受験者が多ければ多いほど、より正確に自分の立ち位置を確認することができますので、その点TACの模擬試験は最適です。

TACの社会保険労務士講座の模擬試験は全国48箇所で開催されていますので、試験当日の時間配分を含めたシュミレーションも兼ねて通信講座の受講であっても模擬試験だけは会場へ足を運んで受けることをおすすめします。

TACの社会保険労務士通信講座まとめ

TACの社会保険労務士通信講座

TACの通信講座のメリットは

  • 業界最大手ならではの豊富なカリキュラムとオプション講座
  • 教材作成専門のスタッフによるオリジナルテキスト
  • 万全の受講者フォロー体制

といった点があげられます。

なお、格安の資格スクールと比べれば費用はかさみますが、総合的に見て、それに見合った万全の内容になっていると思います。

また、さまざまな割引制度も用意されていますし、多くのコースが雇用保険の教育訓練給付制度の指定講座となってますので、制度が利用できる方であれば受講料の最大20%(上限10万円)を講座修了後にハローワークより受給することができます。

このような点から、TACの社会保険労務士試験通信講座は

  • 費用がある程度かかっても、信頼できる大手のノウハウと万全のサポート体制で絶対に合格したい

という方におすすめできる通信講座です。

TACの社労士通信講座の資料請求

TACに資料請求すると送られてくる資料の主な内容は、

  • 講座の総合パンフレット
  • 講座のコース別パンフレット
  • 全国模試シリーズの案内
  • 社会保険労務士の仕事がわかる本
  • 社会人の「仕事と生活」Q&Aブック

となっています。

講座の総合パンフレットではコースや料金の案内の他に合格者の声や、実務家のインタビューが掲載されています。

TACの社労士通信講座総合パンフレット

講座のコース別パンフレットでは、使用する教材や学習スケジュールなどが詳しく紹介されています。

TACの社労士通信講座コース別パンフレット

全国模試シリーズの案内には、模試の案内の他にも「合格者する人の模試活用術」などのインタビュー記事も掲載されていて、ボリュームのある内容です。

また、管理人は出題予想の精度や、受験者の母数の多さなどの理由で「模試は大手に限る」主義者なので、TACの全国模試シリーズはおすすめです。

TACの社労士通信講座全国模試シリーズ

社会保険労務士の仕事がわかる本は、社会保険労務士の仕事内容や魅力、社会保険労務士にかかわるさまざまなデータなどがまとめられていて、読みごたえのある内容となっています。

また、社会人の「仕事と生活」Q&Aブックでは、オフィスでよくあるシュチュエーションでのQ&Aを社会保険労務士の知識で解答する実生活に役立つ読み物です。

TACの社労士通信講座副冊子

TACの社労士通信講座の資料請求で送られてくる資料はメインの講座パンフレットの他に、社会保険労務士の仕事がわかる本などの副冊子が付いてきて、ちょっと得した気分になります(笑)。

もちろんメインのパンフレットも知りたい情報が網羅されたボリュームのある内容ですので、受講を検討されている方は是非資料請求してみてくださいね。

※なお、この内容は管理人が資料請求した際のものとなります。時期によっては内容が変更となっている可能性がありますので、講座申し込み前には必ずご自分で実際に資料請求されて下さい。

→TACの社会保険労務士通信講座資料請求はこちら